フニャフニャ麺?パンチ?山田うどんの人気について調査!ポーズも気になる


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^



うどんブーム続いてますね!

コシやキレが重視される昨今のうどんにおいて、もはやそんなものは必要ない!というのが、関西人には馴染みの薄い埼玉名物「山田うどん」

遂に東京進出!

人気の秘密とは何なのか?を調査してみました!


スポンサードリンク

独特のフニャフニャ麺!

うどんといえば「コシ」。

丸亀製麺やはなまるうどんに代表される讃岐系うどんとは対照的なのが「山田うどん」フニャフニャ麺

ソフトな食感で歯が無くても食べられるほどの「コシ」の無さ!

京都のうどんもやわらかいので似てるかも?

「山田うどん」の為に引っ越す人もいるそうで、1月にオープンした五反田店では「コシ」があるそうで、来店したマニアに「コシがあると山田うどんを語って欲しくない」とも言わせるものの、「でも、正直言ってうまいです!」とも言わせてました!

ダシのうまさも相まってるんでしょうね。関西には店舗が無いので一度は食べてみたいものです^^


スポンサードリンク

パンチって何?

山田うどん通から言わせると「パンチ」がオススメらしいです。

 

「パンチ」ってモツ煮込みのことらしいですね^^

これをうどんに入れるのが「山田うどん」通の食べ方らしいです!

謎のポーズ

 

「山田うどん」の看板の赤いやじろべえのポーズ!埼玉では有名なかかしポーズです^^ギニュー特選隊のポーズを連想してしまいますね!

まとめ

関西ではやはり丸亀製麺やはなまるうどんや香川製麺がひしめいてますが、別物と考えてもいい「山田うどん」。

是非進出希望です!

あ、もちろん「フニャフニャ麺」で!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!