ヒアリ

ツツガムシの刺し口や初期症状は?処置や感染経路、予防策なども!

投稿日:2017年7月1日 更新日:

これから夏本番!

海に!川に!山に!アウトドアのシーズン到来ですね^^

外で食べるご飯やビールはもう最高!です!

そんな楽しいアウトドアですが、危険な生物と遭遇してしまうこともあります。

キチンと整備されているキャンプ場なら熊や野犬、スズメバチなどの危険性は低いと思いますが、小さく発見しづらい相手だとどうでしょう。

今日本中を震撼させている「ヒアリ」「マダニ」なら数ミリサイズなのでかろうじて見つけることはできるかもしれません。

しかし!1ミリ以下の「ツツガムシ」はどうでしょう。

今回は「ツツガムシ」の刺し口や症状、応急処置を調べてわかりやすくまとめてみました!


スポンサードリンク


ツツガムシとは

出典:http://www.iph.pref.osaka.jp

ダニ目ツツガムシ科のダニの総称。ツツガムシ科に属するダニ類は日本では約100種が報告されている。主に東アジア、東南アジアに分布する。成虫は赤色、幼虫はオレンジ色をしている。幼虫は野鼠の耳に寄生していることが多い。幼虫は脊椎動物寄生性で孵化後、生涯に一度だけ哺乳類などの皮膚に吸着して組織液、皮膚組織の崩壊物などを吸収する。十分摂食して脱落、脱皮した後の第一若虫、第二若虫および成虫には脊椎動物への寄生性はなく、昆虫の卵などを食べる。
引用:wikipedeia

難しく書かれていますが、つまり幼虫しか吸血しないということです。ネズミを媒介として満腹になると地面に落ち、その後は土に潜って休眠~若虫~成虫になり土の中で産卵し、幼虫になると地上に出てネズミに吸着します。

ネズミ経由で人に移る訳ではなく、ネズミに吸着できなかった個体が人に吸着するのでネズミに触れてないから大丈夫というわけではないです。

ツツガムシはヒトや哺乳類などが発する特殊なガスを頼りに地面に出て待ち構えています。そこに腰を下ろしたり寝転んだりすると・・・取りつかれてしまいます。

ツツガムシの種類は?

  • アカツツガムシ
    ほぼ全国に分布。昔から真夏に多く最も有名な種類。毒性が強く刺されたときにチクッと痛みを感じる。
  • フトゲツツガムシ
    ほぼ全国に分布。春と秋に発生しているツツガムシ病の原因となる。
  • タテツツガムシ
    主に房総半島、東海、関西及び九州など温暖な地域に分布。秋に発生しているツツガムシ病の原因となる。

どれも体長は0.2㎜程度なので吸着されてもほとんど気づくことはできません。


スポンサードリンク


刺し口の特徴

出典:http://www.pref.akita.lg.jp/

有毒のツツガムシに吸着された部位は数日後に赤い水疱になり膿がたまります。さらに1週間程度経つとかさぶた状になるのが特徴です。陰部や太ももの裏など皮膚の柔らかいところを探して刺します。

刺されてもとくに痛みやかゆみは感じられず(アカツツガムシに刺された場合は刺されたときに一瞬痛みを感じる)、「刺し口」から発熱などの症状が始まります。無毒のツツガムシに吸着された場合は、小さな赤斑ができる程度で数日で跡も消えてしまい、発病することもないようです。

刺されないための予防策

むやみに肌を露出しないことと、地面に不用意に腰かけたりしないことで防ぐことはできます。

このようなマットがあると便利ですね。

仮に取りつかれてもすぐに吸着することはありません。数時間かけて柔らかいところを探して吸着するので、それまでに身体や衣類を洗うのが最善の予防策と言えます。

皮膚の柔らかいところを好みますので、そういった部分は念入りに洗うといいですね。

もし刺されたら・・・

刺された瞬間はわからないことも多く、1週間~10日後くらいに症状が出始めるのが一般的のようです。症状が出たら皮膚科で受診をし、ツツガムシに刺された可能性がある旨を医師に伝えましょう。

ツツガムシ病は処置が早いと風邪よりも早く治るそうですが、遅れるとかなりの重症になってしまう事がある為、おかしいと思ったら即受診してください!

まとめ

  • アウトドアは楽しいけどむやみに地面に寝そべったりしない
  • 帰宅後は早々にお風呂と洗濯で綺麗に洗い流す
  • それでも刺されていたら即受診!

というところでしょうか。

管理人も釣り好きのアウトドア好きなので気を付けたいと思います(><)

時には死に至ることもあるそうなので・・・。


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^



-ヒアリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

女王ヒアリは尼崎のパナソニック周辺で確認!?日本中に拡散の危険性も!

連日話題になっている「ヒアリ」ですが、徐々に生息範囲を広げていっている可能性があります。 まず、女王ヒアリが発見された事で日本でも定着してしまう可能性が出てきた事です。 日本では現在有力な天敵がいない …

ヒアリ全国に拡大か!?新潟でも!?あらためて対策や特徴を調査!

いよいよ夏本番! アウトドアが最高の季節になってまいりましたね^^ 屋外での食事はこの季節の醍醐味です!   そして、そんな中またまたヒアリの発見が相次いでいます。 ヒアリについての記事は書 …

ヒアリの大きさや刺された人の連絡先も!見分け方も画像で比較!

今や日本中で話題になっている 「ヒアリ」 話題といっても良い意味ではなくもちろん悪い意味でです。 今のところ日本で刺されたというニュースはありませんが、あいては小さな虫・・・しかも蟻なのでいつ被害にあ …

no image

sfts(重症熱性血小板減少症候群)とは?猫だけで犬からは感染しない?

今年は色々な危険生物が取り上げられています。 「ヒアリ」「ツツガムシ」「マダニ」 これらは大きさが非常に小さく気付かないうちに被害にあうことも十分ありえます。 「ヒアリ」に刺された時の症状や対策はこち …