#SnSnapってどこにある?3D動画作成できる#SwingSnapについても調査!

インスタグラムやTwitterは今や生活の一部って言われるくらい浸透してますよね^^

Twitterは日常のちょっとした出来事をお手軽に発信できたり、

インスタはオシャレな写真や動画を投稿してみたりと、

一昔前までは、mixiの土俵だった場所が変化してきましたね。

そのSNS(ソーシャルネットワークサービス)で今女子に人気なのが、

 

「#SnSnap」

 

「#SwingSnap」

 

なんのこっちゃ。

そう、もちろん管理人もさっぱりわからんのです^^;

とにかくいつものように気になれば調べる癖から調べてやりましたよ!


スポンサードリンク

#SnSnapって何?

SNSとSnapの融合した言葉ってことはだいたいわかる。

あと、Snapってだけに写真をどうこうするってことも想定内。

で、よくよく調べたら

SNSフォトプリントサービスとのこと。

そんなのコンビニでもプリントアウトできるしねぇ・・・って思ったのですが、

こちらのプリントサービスはTwitterやインスタで使う(ハッシュタグ)を利用するらしいです。

どういう事かと言うと、イベント会場などで撮影した写真を#○○(○はイベント会場によって異なる)をつけてTwitterやインスタに投稿。

設置されているプリント機に読み込まれた写真を選ぶとその場でフォトカードとしてプリントアウトされるという優れもの!

 

無料で出来る理由は、必ずスポンサーの広告やクーポンが記載されてるのでスポンサー側からすればそれだけで宣伝効果抜群!ってのと、

普通のクーポンは捨てられてしまう可能性もあるけど#SnSnapの場合、表面が顔写真なのでなかなか捨てづらいってのも狙いみたいですね^^

東京ドームにもあるようです。

各イベント会場でも採用されてるそうなので、探してみるのもありかも^^

これからドンドン増えてきそうな気配がプンプンしますねぇ。


スポンサードリンク

3D動画作れる#SwingSnapって何?

#SnSnap作ってる会社の#SnSnap社(ややこしい)が最近推してるのが、

#SwingSnap

どうやら、3D動画を撮影できるらしい。

マルチカメラサービス「#SwingSnap」とは
特設ブースにて、独自で開発したマルチカメラ(撮影機器)で同時撮影を行います。撮影したデータをその場で動画生成し、同じ場所に用意されたタブレットから指定のメールアドレスに送付することができます。
イベントの楽しい思い出として残していただくことができます。

ほうほう、なんとなくわかりやすい説明。

管理人でもなんとなく理解できた。

でも、実際の感じが想像できんのでさらに検索!

・・・・・・・・・

どうやら3月25日に大丸神戸店にて体験できるブースがあったみたいですね!もう過ぎてるけどw

で、その3Dのやり方は、

  1. 「#SwingSnap」の前に立って撮影!
  2. 撮影後、タブレット前に移動し動画を確認!
  3. タブレットにメールアドレスを入力
  4. 入力したメールアドレスにデータを送信
  5. 送信されたデータを保存
  6. お好きなSNSへ投稿が可能!

と言った具合でデータとして持ち帰ったり、そのまま投稿したりできるようです^^

#SwingSnapで撮影した動画がこちら

写真がグリグリ動くって感じが新鮮ですね!

動画のような写真?いや、写真のような動画?不思議な感じですがこれは流行りますね!

こちらが公式サイト

#SnSnap

まとめ

ほんと時代と共にガジェットは変化していきますね。

管理人なんてポケベル~スマホの進化をもろ体験してきましたからね^^;

ついには裸眼で4D体験できるようなゲーム機とかも出てくるのかもしれませんね。

ほんと日進月歩ですが、付いていけるようにアンテナ張り巡らせておきます!

 

今回も長々と読んでいただきありがとうございました~^^