スポーツ

OAR選手の意味は?所属しているのは誰?平昌オリンピックで注目!

投稿日:2018年2月8日 更新日:

ついに開幕ですね〜!

そう、第23回冬季五輪

「平昌オリンピック」

今回の日本は何個のメダルを持ち帰ってくれるのか楽しみですね!

もちろん注目は日本!ですが

世間では他にも注目が集まっているようです。

「OAR」

という言葉聞いたことありませんか?

管理人は聞いたことあるけど詳しいことはイマイチわかってないんです^ ^;

なので、今回は平昌オリンピックをより楽しむ為にも

「OAR」について調べてみました!


スポンサードリンク

OARってなんの略?国?

そもそもOARって国は存在しません。

正式名称は

Olympic Athelete from Russia(オリンピック・アスリート・フロム・ロシア)」

日本語だと

ロシアからの五輪選手

つまりロシアの選手ってことなのです!

でも、何故かロシア代表ではないのです(><)

ロシア選手として出場してるのにロシア代表じゃない?

なんだかおかしな感じですが、これには理由がありまして

前回のソチオリンピックの際に国ぐるみでドーピングを行ったとしてIOC(国際オリンピック委員会)が平昌オリンピックへのロシアの出場を認めなかったという背景があります。

ただ、自身が潔白であると証明でき様々な条件を満たした選手は

中立選手

として個人で参加することができるという救済措置から

「OAR」が生まれました。

そりゃ、何も関与していないのに今まで頑張ってきた努力を無駄にはしたくないですもんね。

ただ、OARはロシア代表ではないので縛りがあります。

ロシアの国旗を掲げられない

ロシアの国家を斉唱できない

ということ。

メダル獲得の際はIOCが用意したOARの曲が使用されるようです。


スポンサードリンク

国代表じゃなくロシアの中立選手の団体と認識すればいいと思います。

所属選手は誰?

所属する選手はもちろんロシア人の選手なんですが、

8日からカーリングの一次予選が開催され、夫婦で出場のアナスタシア・ブリズガロワ(妻)アレクサンダー・クルシェルニツキー(夫)両選手が「OAR出場第一号選手」として注目されています。

追記:フィギュアスケート男子からは昨年グランプリファイナルで3位入賞のコリャダ選手が出場!

他にも総勢170人が参加しているといわれており、分かり次第追記していきたいと思います!

さいごに

平和の祭典であるオリンピックでドーピングはあってはならない事です。まして国が絡んでいたとなっては本当に頑張ってきた選手達の努力を踏みにじっているようなものです。

なんとしても勝ちたい!金メダルが欲しい!

そんなエゴからおこなってしまったのかもしれません。

世界中の交流の場であり、個人の努力の見せ場でもあるオリンピック。

スポーツマンシップにのっとった素晴らしい試合や演技を今回も期待しながら観戦したいと思います!


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^



-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

西武の妻帯者選手は誰?一般人と不適切な行為とは不倫のこと?

芸能界の不倫騒動の話題で持ちきりだった2017年。 ゲス不倫がブームなのかとも思うくらい文春砲やフライデーされてましたね^^; そしてその飛び火?が球界にも移ったようです。 パ・リーグの球団「埼玉西武 …

中村奨成に兄弟(妹)はいる?大野友星やシニア時代の成績も気になる!

暑い中甲子園では高校球児たちの熱戦が繰り広げられていますね! スポンサードリンク 他の記事もぜひ^ ^ 第99回全国高校野球選手権大会第13日の第1試合は奈良の天理高校ー広島の広陵高校。 結果は9-1 …

no image

アンディマレーの球速は何km?錦織や他の選手と比較してみた!

スポンサードリンク フランス・パリのローランギャロスで行われたテニス四大大会の今季第2戦「全仏オープン」。 テニスに無知な管理人でも観たくなるような対戦でした^^ 男子シングルス準々決勝、大会第8シー …

ミハイル・ククシュキンの戦績は?錦織ジュネーブOP準決勝へ!

先日の「世界の果てまでイッテQ」にも画像のみで出演された錦織圭選手。 スポンサードリンク 現地時間23日(日本時間24日)、ジュネーブ・オープン第3日の試合が行われました。 第2シードで世界ランキング …

天風がかわいい!ウザキャラがおもしろい!50m走動画も探してみた!

稀勢の里関の横綱就任から日本が沸いている「大相撲」 それもあってか、先日放送された「マツコの知らない世界2時間SP」で紹介されていた、 「マツコの知らない”相撲飯”の世界」 ちゃんこ鍋ではなく激うまサ …