自走する空気清浄機登場!しかもスマホと連動!ATOMOBOT650について調べてみた!

花粉症つらいですよね^^;

管理人も毎年頭を悩ませてます。現在の各ご家庭ではどんな空気清浄機をお使いでしょうか?

空気清浄機なんていらん!と言うご家庭もあると思いますが、小さなお子さんがいるご家庭ではお子様を色んな菌から守ってくれる頼もしい存在なんです。

あ、もちろん花粉も!

で、ついにというかやっとというか最新の空気清浄機は部屋を徘徊してしまいまいます!

その商品とはECOVACS社(エコバックスジャパン)から発売されてる

「ATMOBOT 650」(アトモボット650)

ECOVACS社って聞いた事ないので調べてみたら、

「1998年創業のまだまだあたらしい企業ですが2006年からロボット家電を開発し、いまや世界のロボットメーカートップ3に入るほど」の会社らしいです。ちゃんとした会社なんで期待できそう^^

今回はこの最新型空気清浄機について調べてみました!


スポンサードリンク

こいつ・・・動くぞ!


管理人も常々思っていたのですが、空気清浄機ってそもそもいくら吸引力が強くても部屋の隅々の空気をほんとに綺麗にできてるのかな?って。

でもこの空気清浄機「ATMOBOT 650」

「じゃあ、ちょっと綺麗にしてきますねっ!]

みたいな感じなんです!

しかも最大72畳もの広さを1台でこなしてしまいます^^

一般的な空気清浄機は「最大24畳」とか書かれていても、実はその面積を30分かけて綺麗にしますよって事なんです。

空気清浄機を使って快適とされるレベルは「部屋の空気が10分で綺麗になる」事といわれているので実際は8畳程度のパワーだと考えるのが一般です。

でもATMOBOT 650の場合は自走しますので、72畳を効率良く巡回してくれます。

フィルターも高性能で花粉はもちろんですが微細なホコリやPM2.5にも対応しています。

ちゃんとセンサーも内蔵されているのでぶつかったり段差から落ちたりする事も無いようです。

そして充電切れそうになったら自ら充電ドックに戻って充電。

まさにルンバの空気清浄機バージョン!


スポンサードリンク

スマホでと連動で機能開放!

「ATMOBOT 650」はスマホであらかじめ巡回ルートを設定しておくと留守の間も部屋を綺麗にしてくれます。

ECOVACS専用アプリをダウンロードしておけば、なんと部屋のどの場所の空気が汚れているかがわかってしまいます^^

たとえば留守中でも遠隔操作でき、帰宅するころには綺麗な空気で出迎えてくれるなんて使い方もできちゃいます。

お値段から買いなのか検証してみた。

^^;う~ん約10万円か・・・。

正直な感想としては高いですねぇ。

24畳対応の一般的な空気清浄機が20000円で購入できるとして考えると1畳あたりの価格が約850円。72畳分だと61200円だもんなぁ^^;

まぁ、自走する分空気清浄能力は高いのとスマホとの連動機能、それを見越して35000円の値打ちを判断って事になりそうですね^^;

まだまだ他のメーカーからも発売されてないので高いですが、どんどん発売されてくるとルンバのように手の届く範囲の価格まで落ち着いてくれると思います。

管理人は今は様子見って感じかな。

あ、でもお子さんのいるご家庭とかでママ友さんが遊びに来たときの話題づくりにはもってこいかも(笑)