ヒアリ

sfts(重症熱性血小板減少症候群)とは?猫だけで犬からは感染しない?

投稿日:

今年は色々な危険生物が取り上げられています。

「ヒアリ」「ツツガムシ」「マダニ」

これらは大きさが非常に小さく気付かないうちに被害にあうことも十分ありえます。

「ヒアリ」に刺された時の症状や対策はこちら↓

「ツツガムシ」に刺された時の症状や対策はこちら↓

そして、本日のニュースで「マダニ」に感染した猫に噛まれて死亡するという事故がありました。どういった猫に噛まれたのか?見分け方はあるのか?ウチの猫は大丈夫?犬はどうなの?

といった疑問がいろいろ出てくると思います。

こういった疑問を調べてみました。


スポンサードリンク


事故の内容

50代の女性が2016年、野良猫に手をかまれ、死亡していたことがわかった。猫がマダニにかまれると感染するとされる、SFTSウイルスに感染していたとみられている。
SFTSウイルスは、4年前に国内で初めて確認され、現在までに266人が発症し、57人が死亡している。
人へは、マダニにかまれることで感染するとされているが、2016年、西日本の50代の女性が弱った野良猫に手をかまれ、およそ10日後に死亡した。
動物から人への感染事例は国内で初めてで、厚生労働省は、注意を呼びかけている。引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170724-00000180-fnn-soci

この事故の注意すべきところは「野良猫に噛まれた」というところですね。

マダニが保有するSFTSとは

重症熱性血小板減少症候群といい、2011年に中国で新しい感染症として流行してたことが報告された病気です。病原体は、SFTSウイルスであることが確認されました。

主な初期症状

  • 発熱
  • 全身倦怠感
  • 消化器症状

重症化し、最悪死亡することもあります。

どういった感染経路なのでしょうか?

ウイルスを保有するマダニに咬まれることにより感染。多くの場合、マダニに咬まれてSFTSウイルスに感染すると考えられますが、マダニに咬まれた痕が見当たらない場合もあるようです。
最近の研究では、SFTSウイルスに感染し、発症している野生動物やネコ・イヌなどの動物の血液からSFTSウイルスが検出されており、感染している動物の血液などの体液に直接触れた場合、SFTSウイルスに感染することも否定できないということのようです。


スポンサードリンク


マダニのライフサイクル

マダニは、幼ダニ期から若ダニ期にかけて2度の脱皮をへて成長し、成ダニ期を迎えます。発育期ごとに異なる宿主動物へ寄生・吸血するマダニを「3宿主性マダニ」と呼び、すべてのマダニ種のうちのほとんどが3宿主性マダニです。一生の中で吸血する期間は20~25日間ほどといわれ、他の期間は脱皮や産卵、動物へ寄生する機会を待ちながら自然環境のなかで生活しています。引用:http://www.bayer-pet.jp/pet/library/parasite/madani/madani01.html

特に野良猫はいたるところにいる上、人との接点も多いため注意が必要かと思います。

空前のペットブームから猫人気も絶大。野良猫にエサをあげたりしている方も見かけます。

特に弱っている猫の場合は感染の可能性があるのでむやみに手を出さず保健所などに連絡するようにしたほうがいいと思います。

犬にも寄生する?

マダニは猫だけでなく、犬や人にも寄生します。

そして、マダニは様々な病原体を運び、病原体を保有しているマダニに咬まれることにより感染します。

犬や猫の場合は寄生されたことにより皮膚炎や貧血、栄養障害などの病害を引き起こします。また、マダニが運ぶ病原体がさまざまな感染症の原因となり、場合によっては命に関わる危険性もあります。

人がマダニ対策で草むらなどに近寄らなくてもその感染した状態の犬や猫に噛まれることにより人にも感染してしまうというようです。

今回の死亡事故に繋がったSFTSは現在症状の発症が全国で267人、死亡が58人とされています。

気にしすぎるのもダメかと思いますがむやみにじゃれたりで歯が引っかかったということもありえますので注意したほうがいいですね。

ペットが寄生されたら

基本的には体表面で毛の少ないところに寄生します。大きさも目視で確認できるので見つけやすいと思います。

出典:http://www.bayer-pet.jp/pet/library/parasite/madani/madani06.html

吸血中のマダニは、しっかり咬み付いているため、引っ張ってもなかなか取れまず、無理に取ろうとすると口だけが皮膚内に残ってしまい、そこから化膿などの原因になります。

マダニを取り除くときは口を皮膚内に残さないように専用のピンセットで慎重に除去するか、動物病院で薬剤を使用して取り除くと確実です。

 

さいごに

夏は屋外での活動が多くなり、露出も多くなるので人がマダニに寄生されることも多いです。

しかし、寄生され感染された動物から人に感染する事例は今回が初めてではないでしょうか。

むやみに野良猫などに触れたりせず、特に小さいお子さんなどは注意が必要です。


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^



-ヒアリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒアリの大きさや刺された人の連絡先も!見分け方も画像で比較!

今や日本中で話題になっている 「ヒアリ」 話題といっても良い意味ではなくもちろん悪い意味でです。 今のところ日本で刺されたというニュースはありませんが、あいては小さな虫・・・しかも蟻なのでいつ被害にあ …

ヒアリ全国に拡大か!?新潟でも!?あらためて対策や特徴を調査!

いよいよ夏本番! アウトドアが最高の季節になってまいりましたね^^ 屋外での食事はこの季節の醍醐味です!   そして、そんな中またまたヒアリの発見が相次いでいます。 ヒアリについての記事は書 …

ツツガムシの刺し口や初期症状は?処置や感染経路、予防策なども!

これから夏本番! 海に!川に!山に!アウトドアのシーズン到来ですね^^ 外で食べるご飯やビールはもう最高!です! そんな楽しいアウトドアですが、危険な生物と遭遇してしまうこともあります。 キチンと整備 …

no image

女王ヒアリは尼崎のパナソニック周辺で確認!?日本中に拡散の危険性も!

連日話題になっている「ヒアリ」ですが、徐々に生息範囲を広げていっている可能性があります。 まず、女王ヒアリが発見された事で日本でも定着してしまう可能性が出てきた事です。 日本では現在有力な天敵がいない …