佐藤公彦(ケメ)さん死去原因やお別れ会は?若いころはイケメンだった!

昭和のシンガーソングライター

「佐藤公彦」さん

1970年代から活躍されており、「ケメ」の愛称で若い女性を中心に人気がありました。

そんな「ケメ」さんのプロフィールや活動、死因やお別れ会の予定などを調べてみました。


スポンサードリンク

佐藤公彦さんプロフィール

生年月日:1952年1月9日

出身:東京都大田区

1967年「ピピ&コット」を結成、1971年歌のコンテストで優勝しデビュー。

デビュー曲は「捨ててはいけないよ大切なものを」。

その後「通りゃんせ」などのヒット曲を発表するものの、周囲が求めるアイドル性と自信が求める音楽性の相違から1972年「ピピ&コット」を脱退。

ラジオのパーソナリティや俳優としてドラマに出演し、1984年からライブハウス中心に音楽活動を再開。

2009年にはNHK-BS2「まるごと大全集 リクエスト! 日本のフォーク&ロック」に出演し、元「ピピ&コット」のメンバー、金谷厚のギターと共に「通りゃんせ」を歌う。この時さらにもう1曲演奏しているが放送はされていない。

同年30年ぶりのアルバムを発表。

翌2010年には復活後第2弾~第5弾と立て続けにCDを発表し、精力的に音楽活動をされていました。

そして2017年6月24日・・・心筋梗塞でお亡くなりになられました。

65歳という若さでした。


スポンサードリンク

Twitteの反応

6月24日の亡くなられていたことは公にはされておらず、35日を過ぎたので公表されたものと思われます。

数々の人から愛されていた「ケメ」さん。本当に早すぎます。

復活してもうすぐ10年だっただけにファンの方々も寂しいと思います。

管理人はフォーク世代ではないのですが、報道やSNSを見ているだけで「ケメ」さんの凄さが伝わってきました。

若いころはかなりイケメンですね!女性からアイドル視されてしまうのもわかります。

葬儀は親族や近親者のみで

「ケメ」さんの葬儀、告別式は近親者のみで開かれたそうです。

お別れ会の予定は今のところは情報ありませんが、追悼番組はあるかもしれません。

情報が入り次第追記していきたいと思います。

さいごに

昭和の音楽の代表ともいえるフォークソング。

その絶頂期を過ごされ、その後音楽業界から身を引くものの、再度音楽家として復活されたのは「ケメ」さんがどれだけ音楽を愛していたかということですね。

佐藤公彦さん、心よりお悔やみ申し上げます。天国でも愛する音楽をめいいっぱい歌ってくださいね!


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^