ヒアリ

ヒアリの大きさや刺された人の連絡先も!見分け方も画像で比較!

投稿日:2017年6月30日 更新日:

今や日本中で話題になっている

「ヒアリ」

話題といっても良い意味ではなくもちろん悪い意味でです。

今のところ日本で刺されたというニュースはありませんが、あいては小さな虫・・・しかも蟻なのでいつ被害にあってもおかしくありません。

そんな被害にあわないためにもヒアリの事をよく知っておく必要があります。


スポンサードリンク


ヒアリが名古屋港で発見された!

ヒアリについての詳しい記事はこちら「ヒアリの特徴や刺された時の対処!症状や拡散の可能性はあるのか調査!」の記事に書いてあるので省略します。

ついに名古屋港でも発見されました!

荷物に紛れ込んでたまたま見つかっただけなら少しは安心ですが、その荷物を運搬中にどこかで停車していた場合、関西地方では本当に拡散の恐れがあります。

これ以上拡散してしまうと手に負えなくなります。特にこれからの温暖な季節には有翅になり飛び回る事ができるのでよりいっそう注意が必要です。

大きさから見分けてみる

ヒアリの大きさは2.5~6mm程度。

大きさでは、日本ではごく普通に見られるクロヤマアリ、トビイロケアリ、トビイロシワアリと同程度です。

クロヤマアリ

出典:http://www.saturn.dti.ne.jp

 

トビイロケアリ

出典:http://www.saturn.dti.ne.jp

 

トビイロシワアリ

出典:http://alinko.gozaru.jp

 

これらに比べてヒアリの外見は

出典:https://academist-cf.com

胴体が赤褐色で尾部分に艶があるのが特徴です。

公園などで見かける大きな蟻(クロオオアリ)との見分けはつきそうです。

赤褐色の蟻には注意です!

巣にも特徴が

一般的に日本在来の蟻の巣はこちらのように

出入り口の穴が1箇所開いているようなタイプですが、ヒアリは巣に特徴があります!

こちらの画像のように

大きいものではこのように全長90cmにもなる大型のアリ塚を形成します。

もし見つけた場合は即保険所に連絡しましょう!間違っても近寄ったり触ったりしてはダメです!攻撃性の強い蟻なので刺されてしまう可能性が大です。


スポンサードリンク


刺された人はどこに連絡すればいい?

20~30分ほど様子を見て、体調に急な変化があれば救急受付をしている病院に連絡します。

その際「アリにかまれた」事と「アナフィラキシーの可能性がある」

事を伝えるとスムーズに対応してもらえると思います。

こちらの救急病院検索をブックマークしておくと万が一の時も安心です。

 

軽度~中度でしたら抗ヒスタミン剤の内服薬も効果があるようです。

 

抗ヒスタミンの内服薬の市販薬、今はいろいろ出ています。

こちらにも他の抗ヒスタミン剤が販売されてます。

まとめ

  • 赤褐色が特徴で2.5~6mmと大きさにばらつきがある
  • なので、よく見るサイズの蟻には触れない・近づかない
  • もちろん蟻塚のようなものを見つけたら近づかない
  • 万が一刺されたら20分ほどは安静にしておく
  • 体調の急変がおこったら即救急病院に連絡
  • 抗ヒスタミン剤を常備しておくと少しは安心

といったところでしょうか。

名古屋港で発見となると神戸港からの荷物でしょうか。

あいてはミリ単位の外敵。見つけるのは相当骨が折れるとは思いますが、とにかく日本に定着させないよう徹底した調査をしていただきたいですね。


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^



-ヒアリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒアリ全国に拡大か!?新潟でも!?あらためて対策や特徴を調査!

いよいよ夏本番! アウトドアが最高の季節になってまいりましたね^^ 屋外での食事はこの季節の醍醐味です!   そして、そんな中またまたヒアリの発見が相次いでいます。 ヒアリについての記事は書 …

no image

女王ヒアリは尼崎のパナソニック周辺で確認!?日本中に拡散の危険性も!

連日話題になっている「ヒアリ」ですが、徐々に生息範囲を広げていっている可能性があります。 まず、女王ヒアリが発見された事で日本でも定着してしまう可能性が出てきた事です。 日本では現在有力な天敵がいない …

ツツガムシの刺し口や初期症状は?処置や感染経路、予防策なども!

これから夏本番! 海に!川に!山に!アウトドアのシーズン到来ですね^^ 外で食べるご飯やビールはもう最高!です! そんな楽しいアウトドアですが、危険な生物と遭遇してしまうこともあります。 キチンと整備 …

no image

sfts(重症熱性血小板減少症候群)とは?猫だけで犬からは感染しない?

今年は色々な危険生物が取り上げられています。 「ヒアリ」「ツツガムシ」「マダニ」 これらは大きさが非常に小さく気付かないうちに被害にあうことも十分ありえます。 「ヒアリ」に刺された時の症状や対策はこち …