ハブ毛の効果や自作方法は?需要減少で生産終了って本当?

健康志向やマンガの影響もあってかまだまだ自転車ブームですね^^

ブームというより定着してますね。

今回はそんな自転車の話・・・ではなく、昔の自転車には結構な割合で付いていた

「ハブ毛」について。

管理人が子供の頃のママチャリには付いてました。赤や黄色、虹色のものまで。

子供の頃は「ハブ毛」なんて名前も知らなかったのでただの飾りかなぁ~程度でした。


スポンサードリンク

ただの飾りじゃなくて「ハブ毛」には役割があった

というのを知ったのも正直なところこの記事を書くにあたって調べた結果でした^^;

そもそも「ハブ毛」っていう名前すら知らんかったです(><)

別名:ハブブラシともいうそうで、ハブ(ホイールの軸の部分)を綺麗にする役割だそうです。装着したら漕いでるうちにコロコロ回りながら清掃してくれます。

昔は自転車は調子が悪くなったら何度も修理して長年乗るというものでした。で、普通にママチャリに乗っている程度の人だとハブの汚れなんて気にしないということで、当時自転車小売店さんがサービスで付けていたのだそうです。

しかし、大手スーパーやホームセンター、通信販売などで格安の自転車が発売されてからは小売店の売り上げも減少し、そういったサービスも減ってきたそうです。

実際の効果は?

こちらの動画を見てもらうとハブ毛が掃除してくれている様子がわかります^^

すごく単純なのに漕いでるだけで勝手に綺麗にしてくれるという理にかなった製品ですね!

自転車乗りの方にとってはハブの清掃というのは普通の事なのかもしれませんが、管理人も今までハブの汚れ気にしてなかったです(><)


スポンサードリンク

製造メーカーも生産終了

全国的にも国産「ハブ毛」を生産している会社も少なく、

津島市の自転車問屋「三優商会」も今では希少な製造メーカーになっていますが、

あと数年で製造をやめるそうです。

 

ハブ毛の繊維は7色あり赤・青・黒・ピンク・紫・緑・白のうち白と緑は戦意の在庫がなくなったそうなので市場に出回っている分が最後になるようです。

他の色も在庫がなくなり次第終了なので、欲しい方はお早めにどうぞ!

自作できるのか?

ハブ毛には繊維が付いていますが、さすがにワイヤーに繊維を巻き付けるのは難しいので、簡単な方法を調べてみたのでご紹介^^

ホームセンターやハンドメイドのお店で売っている革紐を利用します。

ハブのサイズに合わせて適当にカットし革用接着剤で端をくっつけるだけ♪

これならお好きな幅や色でいろいろ試せますね!

 

装着は床面(ザラザラした方)が内側に来るようにするといいかもです!

ただ単純に「ハブ毛」が欲しいというだけなら買った方が安いかもですが・・・^^;

人とは違うオリジナリティはありますね!

まとめ

  • 「ハブ毛」は最近のママチャリではほとんど見られない
  • 自転車小売店がサービスで付けていた
  • 飾りというだけではなくハブ掃除してくれる
  • 需要が減り国産ハブ毛製造メーカーも生産終了
  • 革紐でも自作可能!

という感じでしょうか。

いままで何も気にしていなかったハブ毛ですが、こうして調べるとこんないい仕事をしてくれてたんだと気付きました。

付いていると昭和レトロっぽくてアプローチの仕方次第では売れてくれそうなものですが、時代には逆らわないという製造メーカーさんの気持ちも寂しいです。」

これも時代の変化だという事なんでしょうね。


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^