ワームの選び方!バス釣り初心者のための道具解説!シャッドテールの特徴!

まいど!

かりめろです^^

さて、いよいよルアーフィッシングの一番の楽しみでもあるルアーについて語っていこうと思います^^

まずはバス釣りで使うルアーの種類をざっくりと分けると‘‘ソフトルアー(以下ワーム)‘‘‘‘ハードルアー‘‘に分けられます。

まずは、ワームの素材から・・・塩入り・集魚剤入りなど、なにかしら素材に練りこまれているのが大半です。中には完全に浮く素材や、エラストマーという千切れにくい素材、自然分解する素材など多種多様です。

これを踏まえてワームの種類と使い方になりますが、いかんせん種類が多いため1記事1種類でいきたいと思います^^;


スポンサードリンク

まさしく小魚!?シャッドテール”

シャッドテールを直訳すると、ニシンの尾(厳密にいうとニシンダマシという海外の魚)。つまり魚をイメージして作られたワームです。別名キックテールとも言います。

特徴的な形状のテールがピロピロと動いて、泳いでる小魚を演出します。これまで紹介してきたワームとは違い、止めておくよりも巻いて釣る!がメインのワームです。

昨今のビッグベイトブームから各メーカーがビッグサイズを生産しており、昔に比べてかなり使用しているアングラーが増えています。カーリーテールの特徴でも触れましたが、デカいワームはデカバスが釣れるのと、小難しいアクションもいらず、ただ巻くだけで釣れるのも使用者増の要因だと思います。

ソルトウォーターでは昔から定番中の定番で、1~2インチサイズを超ライトリグでメバルやアジを狙う超フィネススタイルや、4インチ以上のサイズをひたすら投げて巻くでシーバス狙ったりします。これは、バスに比べて魚食性が強いためかもしれません。

おすすめのリグは何だい?

個人的にはノーシンカーが好きです^^

オフセットフックをセットしてパラパラ生えてるウィードを縫いながら巻いてくると「ガンッ!」とアタリます^^コツとしては同じスピードで巻いて止めないってとこでしょうか。管理人は5/0のオフセットフックにサイズは4.8インチくらいをメインで使用しています。

あとは、オープンウォーターならジグヘッドもおすすめです。オフセットフックの弱点のフッキングの悪さをカバーできます。根掛かりはしやすいですが・・・。

他には、テキサスで底付近を巻いてくるのもアリだと思います。

まとめ

ただ巻きで釣れるため(ていうかただ巻き以外では使わん^^;)結構スピーディな釣りができます。ルアーのようにランガンでビシビシ投げて広範囲を探るような釣りにもってこいです。