フックについて解説!トリプル?シングル?アシスト?使い道も!

まいど!

かりめろです^^

今回は”フック”について解説していきますよぅ!

”フック”つまり”針”の事ですが、ラインと同じく初心者ほど甘く見がちな部分でもあります。

どうしても始めたての頃はビジュアル面が中心になってしまい、ロッド&リール&ルアーに目がいきがちになってしまうと思います。

でも、ラインやフックをおろそかにしてると釣れるはずの大物を逃がしたり、思わぬトラブルがあったりするのでほんと超重要な部分だと思っていただければ幸いです^^

いつも通り細かい事は置いといてるので、

ざっくり理解してくれればOKです!


スポンサードリンク

まずは種類と名称説明から

フックの各部名称は画像参照していただければと思います。

種類について

バス釣りで主に使われているのは

  • ストレートフック(ジグヘッド含む)
  • オフセットフック
  • マスバリ
  • トリプルフック(トレブルフック)
  • ダブルフック
  • アシストフック

になります。ストレートフックオフセットフックマスバリワームで使用します。トリプルフックとダブルフックはルアーで使用、アシストフックはワイヤーベイト系で使用します。

ストレートフック、オフセットフック、マスバリに関してはゲイプ幅が広く太いワームが刺しやすい”ワイドゲイプ”のものがあります。使用するワームに応じて使い分けると快適です^^

トリプルフック(トレブルフック)はルアー買えば標準搭載されている錨みたいな3本針です。ダブルフックはトリプルフックと交換する事で根がかり回避に一役買いますが、針が1本少ない状態なので繊細なバランスで作られてるルアーは交換しないほうが無難です。

サイズ表記について

フックには様々なサイズがあります。

 ・・・#3#2#11/02/03/0・・・ 

と言う感じでサイズが変わります。同じ表記でもメーカーによって多少違ったりしますが、大体は同サイズだと認識しておいてOKです。どうしてもわかりにくければショップでパッケージの上から合わせてみるのもいいかと思います。

ワームとのサイズごとの適合

2インチ~2.5インチ⇒#6~#4
3インチ~4インチ⇒#1~1/0
5インチ~6インチ⇒3/0~5/0

と、こんな感じです^^

ワームに装着してみよう!

基本的にはワームに対してまっすぐ刺して形が崩れないように装着してやればOKです。

ジグヘッドの場合はしっかり根元まで差し込んでください。

マスバリのワッキーやネコリグ使用はチョン掛けなので問題ないと思いますが、中でも特に始めはオフセットフックの装着に困惑すると思いますのでこちらの動画がわかりやすいので参考にしてください。

 

まとめ

きっちり適合サイズを選ぶのと、刺し方ひとつでワーム本来の性能を発揮できなかったりもするので、いつでも手際よく交換できるように練習してみてください^^

フック一つで釣果は大きく変わりますよ^^