ワームの選び方!バス釣り初心者のための道具解説!グラブの特徴!

まいど!


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^



かりめろです。

さて、いよいよルアーフィッシングの一番の楽しみでもあるルアーについて語っていこうと思います^^

まずはバス釣りで使うルアーの種類をざっくりと分けると‘‘ソフトルアー(以下ワーム)‘‘‘‘ハードルアー‘‘に分けられます。

まずは、ワームの素材から・・・塩入り・集魚剤入りなど、なにかしら素材に練りこまれているのが大半です。中には完全に浮く素材や、エラストマーという千切れにくい素材、自然分解する素材など多種多様です。

これを踏まえて、今回からはワームの種類と使い方になりますが、

いかんせん種類が多いため1記事1種類でいきたいと思います^^;


スポンサードリンク

ほっといても釣れてしまう万能性‘‘グラブ‘‘

まずはワームの中でも絶対に外せないのがグラブです。

ゲーリーヤマモト4インチグラブ(以下ゲーリー4インチ)が有名です。塩入りワームで比重が重くトップからボトムまで攻めやすく、ほとんどの人がお世話になりBOXに入っているのではないでしょうか?

個人的な意見ですが、色々なメーカーからグラブは販売されてますが未だにゲーリーグラブを超えられるものに出会ってません(他社のグラブがダメとか言うのではなく、ゲーリーグラブが凄過ぎるって事です)。

これを言ってしまえば本末転倒かもしれませんが、ゲーリー4インチだけでもワームでの釣りは事足りてしまう程の威力です。難点としては一袋あたりのお値段が少々高く、セール品にもなりにくいところでしょうか。

どんなリグが最適?

ノーシンカー、ジグヘッド、テキサスリグ、ヘビキャロまでリグを選ばず放置でも釣れてしまうホント万能なワームです。個人的にダウンショットでは使用することはありませんが、スイミングさせながらであればアリだと思います。

主な使い方としてはノーシンカーでのグラビンバズ(水面を引いてくる)やボトムのズル引きやジグヘッドが使いやすく釣果も上がると思います。特にグラビンバズはバスが水面を割ってバイトするのでオススメです^^

ズル引きの場合は超スロー(リールのギア比にもよりますが、1回転20秒くらい)で引いてると急にズーンと重くなったり、食い気のあるときはあからさまにガツン!とアタリがあります。

初心者の場合、ゲーリーグラブのような比重の重いワームは特に中層の一定層を引いてくる感じが掴めないと思うので、グラブが目視できるトップかしっかり底まで沈めてのズル引きがいいかと思います。

まとめ

なんだかゲーリーヤマモトの回し者かと思われそうな内容になりましたが、だまされたと思って1パック買ってみてください(笑)釣れますから。