ワームの選び方!バス釣り初心者のための道具解説!カーリーテールの特徴!

まいど!

かりめろです^^

さて、いよいよルアーフィッシングの一番の楽しみでもあるルアーについて語っていこうと思います^^

まずはバス釣りで使うルアーの種類をざっくりと分けると‘‘ソフトルアー(以下ワーム)‘‘‘‘ハードルアー‘‘に分けられます。

まずは、ワームの素材から・・・塩入り・集魚剤入りなど、なにかしら素材に練りこまれているのが大半です。中には完全に浮く素材や、エラストマーという千切れにくい素材、自然分解する素材など多種多様です。

これを踏まえてワームの種類と使い方になりますが、

いかんせん種類が多いため1記事1種類でいきたいと思います^^;


スポンサードリンク

テキサスの申し子”カーリーテール”

カーリーテールワームはグラブのボディを細長くしたような・・・もしくはストレートワームにグラブのテールを付けたようなワームです。

前述のとおり最大の特徴は細長いボディで、テールはグラブのテールに比べ細長いものが多いです。これにより、スイムさせて使うのはもちろん止めておいても勝手にテールがヒラヒラしてアピールしてくれます。ボディと同じサイズくらいのタイプもあります。

こちら↑のサターンワームのように特殊な形のボディをもつものもカーリーテールに分類されます。「サターンは餌」は知人の談です(笑)

サターンワームは別として、なんだか中途半端でどっちもつかずな感じではありますがこのワームには特化したリグがあります・・・

どんなリグがいいの?

ズバリ!テキサスリグです!ボディが長いため、オフセットフックとの相性も良く、シンカーよりもワームのほうが細いものが多いのでテキサスリグの特性でもある”すり抜け”も存分に発揮できます。

比重の重いものであればボトムで放置させてテールのヒラヒラで誘うのも全然アリですし、比重の軽いものでればズル引きで底をついばんでいる小魚をイメージして誘うのも効果的です。

存在感のあるワームなので、ヘビーカバーにねじ込んでやるのもオススメです。

ヘビキャロやジグヘッドのスイミング、ダウンショット(比重の軽いもの)、ネコリグもオススメです^^

ストレートワームとグラブの中間的な感じなので、それらのワームが得意とするリグをこなせてしまいます。

あ、サターンワームは別ですよ(笑)また別で記事書きますね。

まとめると・・・

グラブを長くしただけでなく、テールの長さでアピール度は抜群!特にヘビーカバーでの釣りではその存在感から威力抜群です。

大きいサイズのものが多いので初心者の方は敬遠しがちかもしれませんが、大きいものほどデカバスが釣れる率が高いってことは覚えておいてほしいです。

あとは、テールが切れてもストレートワームとして使えるエコなワームです(笑)!!


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^