ルアーの選び方!バス釣り初心者のための道具解説!クランクベイト解説!

まいど!
 
かりめろです^^
ミノーの解説に続き、ルアー解説第2弾は「クランクベイト」
いかんせんルアーも種類が多いので
1記事1種類で解説していきます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^



ファットな巻きモノ王”クランクベイト”

さて、今回は「クランクベイト」の解説です。

まるでフグのようなコロコロ太っちょボディにでっかいリップが付いていたりでスリムでいかにも小魚!って感じのミノーと違って小魚感があまりない見た目ですよね^^;

でも、釣れるんです・・・しかもオートマチックで。初心者でも簡単に釣れてしまう能力持ってるんです!

どの水深を攻める?各水深の表記について

クランクベイトには表記があり、どれくらいの水深で使えるのかわかりやすくなってます。

各メーカーにより水深が変わりますので以下はあくまで参考までに・・・

DR (ディープランナー)水深2.5mくらい、またはそれ以上

MR(ミッドランナー)水深1.5mくらい

SR(シャローランナー)水深1mくらい

SSR(スーパーシャローランナー)表層〜水深20cmくらい

ここでいう水深は最大水深のことで、ある程度巻くことによってその水深まで到達します。DEEP-Xのように巻き始めて急速に最大水深まで潜ってくれるものもあります。

もちろん巻く速度で最大水深以内を探ることもできますが、やはり巻き物は手数が多いほうがいいので、自分の狙いたいライン(水深)に適したものを選び、サクサクとサーチがオススメです。

釣れてしまう能力ってなによ?

とにかく巻く!(笑)。これこそがクランクベイトの最大の能力を発揮できます。

ストップ&ゴー?いやいや、ゴリゴリ巻いて釣れるのがクランクベイトの武器です!膝ついてゴリゴリ巻く「ニーリング」というメソッドもあるくらいひたすら巻く!ただひたすら投げて巻く!これにつきます!簡単でしょ?

ただ巻きが一番釣れます^^

潜るルアーの場合根掛かりが心配ですが、クランクベイトに関してはリップ幅とボディ幅によってフックがむき出しになりにくく、トリプルフック搭載してるのに意外と根掛かり少なかったりするも特徴です。フローティングが多いのも一役買ってます。立木の間とかはさすがにやばいですが…(笑)

まとめてみると

実は管理人が初めてハードルアーで釣ったのがクランクベイトでした^^

忘れもしないダイワのピーナッツのギルカラー(?)でした。中一の頃、安物のロッドを装備して某動物園裏の疎水(今はたぶん釣り禁)でキャストしてると…いつのまにか釣れました(笑)

超素人でも愚直に投げてれば結果が出る、そんなルアーです。