ワームの選び方!バス釣り初心者のための道具解説!ストレートワームの特徴!

まいど!


スポンサードリンク

かりめろです^^

さて、いよいよルアーフィッシングの一番の楽しみでもあるルアーについて語っていこうと思います^^

まずはバス釣りで使うルアーの種類をざっくりと分けると‘‘ソフトルアー(以下ワーム)‘‘‘‘ハードルアー‘‘に分けられます。

まずは、ワームの素材から・・・塩入り・集魚剤入りなど、なにかしら素材に練りこまれているのが大半です。中には完全に浮く素材や、エラストマーという千切れにくい素材、自然分解する素材など多種多様です。

これを踏まえて、今回からはワームの種類と使い方になりますが、

いかんせん種類が多いため1記事1種類でいきたいと思います^^;


スポンサードリンク

これぞ定番”ストレートワーム”

ワームと言ってまず思い浮かべるビジュアルがこれじゃないかと思います。

ミミズのような形でいかにも”ワーム(ミミズ)”バスがミミズ好きかはどうあれ使い勝手は抜群です^^ただ、グラブやシャッドテールのように引いてくるだけでは結果が出にくく、釣り人が何らかのアクションをつけてやる必要があります。

それだけに操作している感と釣った感(釣れたじゃなくて釣った←ここ重要)があるのではないでしょうか?

単純にストレートといってもさまざまな形があります。

クリーム社の”スカンドレル”のようなタイプ

まんまミミズのような形で最近ではダウンショットやワッキー系で使うのが定番です。うねうねさせればミミズそのもの!

ド定番な形だけにほぼすべてのリグで使用できます。

あ、スライダーワームを忘れてるわけじゃないですよ^^追々専用記事書くつもりなんで、あえて載せなかっただけです(笑)

(株)常吉の”常吉ワーム”のようなタイプ

一斉を風靡した(株)常吉の”ツネキチワーム”!もともとは”K-GOOD”から発売されていました。ツネキチワームは村上晴彦氏によって作られた常吉リグ専用ワームです。発売当時はストレートワームの常識を覆すほどに釣れました。ヘッド側とテール側が太くなっており常吉リグ(ダウンショット)の為に作られたワームです。

他にはスライダーワームの進化形(個人的な感想^^;)のADツネキチワームや、ヘッドにシンカーを埋め込ませる穴が開いたネコリグ専用のネコリグワームなど数々の高性能ワームをリリースしています。

ジャッカルのフリックシェイクのようなタイプ

フリックシェイクは特殊なタイプです。もともとジャッカルでストレートワームを製作するにあたって保管していたワームに変な癖がついてしまいそれを使ったら凄く釣れた!と言うのが秦氏のお話です。

変に癖が付いたような形ですが、これが釣れます!特にワッキー系では抜群の相性です。インチワッキーで底をとりながらジグヘッドのヘッドのみを動かす感じの微シェイクが管理人のお気に入りの使い方です^^

まとめると・・・

車で言うとオートマとミッションの違いのように自分で操作してやる必要があるので釣ったときの優越感に浸れるような気がする(適当)!

あと、ゲーリーヤマモトのカットテールやセンコーもボコボコ釣れるので超オススメ!(またまたゲーリーの宣伝^^;)なので、追々ゲーリー専用記事書くかも・・・(笑)