明石市大蔵市場付近で火事!火元や渋滞は?放火の可能性はある?

寒くなってくると空気が乾燥してきます。

乾燥してくると起こりやすくなるのが

「火事」

本日10月25日の15時45分ごろ兵庫県明石市の大蔵市場付近で大規模な火災があったようです。

周辺は民家が密集しており、Twitter上でもかなり騒がれています。

発見から6時間近く経っていますが現在も延焼しているようです。


スポンサードリンク

場所は?

前述のとおり、兵庫県大蔵中町にある「大蔵市場」付近が現場のようです。

 

「大蔵市場」は、山陽電鉄「大蔵谷駅」からおよそ400メートル離れた古い商店街、以前は食料品や衣料品を扱う小売店が20店舗ほど立ち並んでいましたが、現在は数店舗が営業しているだけでほとんどは空き店舗だそうです。


スポンサードリンク

火事による渋滞は?

火事になると必ず起こるのが渋滞ですね。

現場はともかく周辺道路はやじうま達や見物のため徐行する車で渋滞になる事が多いですね。

Twitterでも渋滞についてのツイートがありました

出火原因や火元は?

火は風にあおられて商店街の中を南の方向に燃え移っていて、出火から3時間余りがたった今も消防車26台が出て消火活動にあたっています。

商店街の中の店舗を兼ねた住宅などに住む9世帯21人全員の無事が確認され、ほかにもけがをした人はいないということです。
警察や消防は、引き続き消火活動を進めるとともに、出火当時の状況についても調べています。

かなりの大規模だった様子が伺えますが、ケガ人が一人も出ていないようで本当に良かったです。

情報によると現在出火原因や状況はわかっていないようです。

不始末なのか、放火なのか。

ただ、一部の報道では「2階から火が上がっている」と言う情報があったので個人的には不始末の可能性が濃厚なのかなと思います。

自分だけではなく周りも巻き込んでしまう火災。

これからの季節は特に火の元に注意していきたいところですね。


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^