気になったこと 芸能ネタ

安達祐実のヌレ番場って?私服がおしゃれでインスタ画像も気になる!

投稿日:2017年6月29日 更新日:

子役時代からメディアで活躍されている

「安達祐実」さん

ドラマ「家なき子」は管理人もオンエア見てました^^

「同情するなら金をくれ」は流行語大賞にもなりましたね。

大人になってからもドラマや映画にも出演されています。

そんな安達祐実さんを検索すると

「安達祐実 ヌレ番場」

というキーワードが出てきます。

「ヌレ番場」?これって・・・この記事「女優でヌレ番の奥菜恵って?ユーチューブや押尾学との関係も調査!」と関係あるかも!

ってことで調査してみました!


スポンサードリンク

まずプロフィールから

出典:http://eiga.michao.jp

本名:長谷川祐実

生年月日:1981年9月14日

血液型:A型

出身:東京都台東区

身長:153㎝

体重:37㎏

スリーサイズ:74/56/78

この身長と体重に対してこのスリーサイズとは・・・かなりの美ボディの持ち主ですね^^

ご本人のインスタを見てもらってもお分かりですが、オシャレにも精通されてますね。

 

ブルゾン #だぼだぼの #ブルゾン #着たくて #だんなはんのを拝借 #テリーリチャードソン×#シュプリーム

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿 –

そんな安達祐実さんですが、冒頭で書いたキーワード

「ヌレ番場」

とどんな関係があるのでしょうか?


スポンサードリンク

そもそもヌレ番場ってなんなんだよぉ~っ!

謎ワードです・・・。

 

なんだろ、ヌレ番場って・・・。

 

この記事「女優でヌレ番の奥菜恵って?ユーチューブや押尾学との関係も調査!」ではただの「ヌレ番」。

で、安達祐実さんのは「ヌレ番場」。

 

何かの略?

 

それとも・・・濡れ?

 

となると「番」が余計になってくるし・・・。

 

う~ん、やっぱ検索してもやっぱ出てこないです^^;

 

というわけで今回はヌレじゃなく濡れの方のご紹介にしておきます(><)

 

安達祐実さんが実に20年ぶりに出演された映画で、主役を務めておられます。

第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門で上映された時は2回上映されたのですがどちらも満員だったようです。

この映画の中で安達祐実さんは初のフ〇ヌ〇ドに挑戦されてます!

まとめ

  • 安達祐実さんは子役の頃から現在まで活躍!
  • 私服がオシャレ!
  • スタイルも抜群!
  • あいかわらずヌレ番の意味がわからず(><)
  • 映画「花宵道中」は必見!

といったところでしょうか。

一度は離婚されたものの、再婚され子宝にも恵まれ幸せな安達祐実さん。

年齢を感じさせないキュートさと色気でこれからも女優としての活躍を期待ですね!


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^



-気になったこと, 芸能ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宮崎謙介セミナー再開の予定は?開催中止の真相も調べてみた!

いやぁ、片岡鶴太郎さん熟年離婚してたんですね^^; 30年間別居状態だったそうです。 年々熟年離婚の割合は増えていってるそうです。 で、今回は離婚についてではなく不倫についてです。 過去にも不倫につい …

内田姉弟のSSって?アニサマも!?仲良し声優ついに共演が実現!

スポンサードリンク 大の仲良し姉弟として知られる声優の 内田真礼さんと内田雄馬さん。 ふたりが可愛いすぎる!とSNSでも話題になってます^^ 同じ声優という仕事をしながらも、今まで共演したことがない2 …

no image

上沼恵美子が訴えられる?読売テレビまでも!?松居一代がブログで公言!

松居一代さんのブログが話題になりましたね。 そんな中、こういった内容がありました。 それを モーテルで、 鍋でも売ってたんでしょう…と テレビで話されたのですよ その方は。 引用:https://am …

ゆんころの整形外科の場所はどこ?整形前と後も比較!インスタ画像も!

浜崎あゆみさんの顔まねで有名な小原優花さん、芸名「ゆんころ」。 スポンサードリンク 他の記事もぜひ^ ^ 本日の「しゃべくり007」で浜崎あゆみさんが検索ワードに入ったためか彼女もワードに入っています …

no image

アンミカの元彼は野球選手で誰?スパイの恋人とは別人なのかを調査!

暑い!とにかく暑いですね! 関西も気温がぐんぐん上昇してきてまさに夏!熱中症には注意ですね^^; それはともかく、韓国出身のファッションモデルの 「アンミカ」(安美佳)さん。 旦那様の「セオドール・ミ …