ABC予想のjinとは?望月教授のホームページに論文はある?

数学の超難関「ABC予想」。

凡人である管理人には何が何だかわからない内容なのですが、

その超難関を証明したというのが話題になっていました。

しかも日本人が証明したらしいです。

「望月新一教授」

論文を執筆した彼も話題に上っています。

で、ABC予想について検索してみると

「ABC予想 jin」というワードが出てきました。

jinとはいったい何なのか?望月教授や論文と関係あるのか?

気になったので調べてみました!


スポンサードリンク

望月新一教授の経歴

生年月日:昭和44年3月29日

出生地:東京

学歴:

  • 昭和60年9月 プリンストン大学入学
  • 昭和63年6月 プリンストン大学卒業
  • 昭和63年9月 プリンストン大学大学院数学博士課程入学
  • 平成04年6月 プリンストン大学大学院数学博士課程修了 Ph.D.取得

Ph.D.というのがそもそも何なのかわからなかったのですが、調べてみると

「Philosophiae Doctor」の略で意味的には日本の「博士号」のようなもののようです。

経歴だけでも逸脱しているのに世界的な超難関な未解決問題を解いてしまうとは・・・。

そもそもABC予想って?

問題がわからなければ話にならないので「ABC予想」について。

a + b = c
を満たす、互いに素な自然数の組 (abc) に対し、積 abc の互いに異なる素因数の積を d と表す。このとき、任意の ε > 0 に対して、

c > d1+ε
を満たす組 (abc) は高々有限個しか存在しないであろうか?

 

1985年に Joseph Oesterlé と David Masser により提起された数論の予想である。これは多項式に関するメーソン・ストーサーズの定理の整数における類似であり、互いに素でありかつ a + b = c を満たすような3つの自然数(この予想に呼び方を合わせると)abc について述べている。

abc予想は、この予想から数々の興味深い結果が得られることから有名になった。数論における数多の有名な予想や定理が abc予想から直ちに導かれる。Goldfeld (1996) は、abc予想を「ディオファントス解析で最も重要な未解決問題」であるとしている。

引用:wikipedia

・・・

・・・・

・・・・・

えーと、正直よくわからんです(笑)

とにかくとんでもなく難しい問題ってことはわかりました!

で、実はこのABC予想について証明したと望月教授は2012年に論文を書かれていました。

しかし、望月教授の論文自体が専門家にとっても難解すぎて査読が難航。結局専門家たちが理解するのに5年もかかってしまって今に至るとうことです。


スポンサードリンク

どんな難しい論文だったんでしょうか・・・。

以前は望月教授のHP上で公開されているようですが、覗いてみてもどれがどれやら^^;

興味のある方は覗いてみてください^^

望月新一ホームページ 望月新一の論文

jinって何のこと?

望月教授やABC予想についてはなんとなくわかったものの、ワードに出てくる「jin」って何なのか?

論文内の記号や言葉?望月教授のニックネーム?

で、検索してみると

どうやらABC予想や望月教授について書かれているTwitterのアカウント名「math_jin」だったようです^^;

さいごに

数学の未解決問題は数多くありますが、その一つを日本人が証明したともなれば大変誇らしいことですね^^

並大抵の頭脳では解読どころか理解することさえ不可能な問題の正解を導き出す・・・まさに天才というのはこういう人ななんでしょうね。

今後も新たな未解決問題を解決してほしいですね^^


スポンサードリンク


他の記事もぜひ^ ^